看護師派遣で働こう!失敗しないための転職術

夜勤勤務の実際 - ある派遣看護師の体験談

派遣看護師の夜勤の大変さと仕事量



私は総合病院と療養型病院の勤務経験があります。看護師の仕事は大変ハードだと言われていますが、ここでは夜勤の大変さと仕事量についてお話をします。
転職を選ぶ看護師はどんな理由で退職しているの?

総合病院での夜勤は時間との闘いになります。3名勤務で8時間の時間の中で時間毎にしなければならない仕事が決まっていました。予定通りに仕事が進む日もありましたが、容態の急変や手術後の看護がある場合は職務をこなせませんでした。同じ夜勤の同僚に手伝ってもらて、ようやくこなせることも多かったです。

朝になると日勤勤務のナースに申し送りをしてカルテ記入をしますが大抵が残業です。9:30までの勤務であっても昼過ぎまで仕事をしていることもありました。患者様のカルテを医師や他の看護師が使う場合は待ち時間が発生するからです。

自分自身が勤務時間内に業務を完遂できなかったので日勤勤務のスタッフの邪魔になってはいけないからです。当然、残業手当はでるはずもなく新人時代の不慣れな夜勤はこんなパターンの時間外労働ばかりでした。

仮眠の時間はあるのですが、とてもじゃないけれどそんな時間はとれず休み時間は数分の食時間だけでした。

少しずつ夜勤勤務になれてくるとコツを覚えて勤務時間内に仕事を終えることができました。けれども患者様の容態が急変した場合はどうしようもありません。先輩ナースが残っている場合でも先に帰宅することもできません。出来る限り手伝って残務処理を手伝いました。
香川県看護協会

一方の長期療養型病院では夜勤勤務は16時間でした。看護師1名とケアワーカーと呼ばれる介護者2名との3人勤務でした。ケアワーカーは看護師ではありませんから看護業務をすることはできません。点滴の管理や薬の管理は看護師がひとりで全責任を持ってしなければなりません。

患者様の容態が急変した場合でも看護師1人で対応するわけです。ケアワーカーができることは生活援助のみで、例えばおむつ交換などがあります。自分で身体を動かせない患者様の体位変換や朝食の準備はナースコールの対応だけです。

ナースコールに関しても医療的な処置が必要ならばケアワーカーではできないので看護師の仕事になります。医療行為は全て自分の責任になりますから慣れるまでは緊張の連続だったと記憶しています。

総合病院と違って長期療養型病院は症状が落ち着いている日は、さほどの仕事もなくスタッフ同士の話が長かったりするのです。そんな夜勤の日は2時間程度の仮眠がとれました。

看護師が転職する際に大切なこと

【はじめに】

転職は今回ご紹介する看護師に限らず人生の上での重要なポイントとなる出来事です。

ですから、失敗することのないように転職の際の注意点に関してはしっかりと理解しておかなければなりません。 今回はそんな看護師の方が転職する際の注意点についてお話していきますので、ご参考にして頂ければ幸いです。

【転職活動は働いている間に行うべき?】

あるアンケートによると転職した看護師の7割以上の方は、働きながら転職活動を行ったというデータがあります。 このアンケートが全てではありませんが、現在は働きながら行うことが主流となっているようです。 では、働きながら行うことでのメリットやデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

【働きながら行うことでのメリット】

メリットして挙げられるのは、「働いている状況であることから、お金の心配をすることない」、「履歴書の経歴にブランクができることを避けられる」、「上から辞めることを止められずに済む」といった事です。

この中では、特に3つ目に挙げたメリットが大きいかと思われます。 それは、もし、新しい病院が決まっている状況ならば病院としても止めづらくなり、逆に決まっていない状況なら、いくらでも止められるわけです。

最近は看護師の数も不足していることから、履歴書に関しては重視されない傾向にありますが、大きな病院で働きたい場合はやはりブランクは作らない方が無難と言えます。

【働きながら行うことでのデメリット】

デメリットとしては、「現在の仕事に加えて転職を行うので大変である」、「転職活動が満足に出来ない」、「現在の病院に迷惑がかかる」、「次の人への引き継ぎに時間を要することがある」といった事が考えられます。

引き継ぎに関しては、要する時間は大体2ヶ月とされていますので、それに合わせて転職活動を行う事が重要であり、転職活動を行う際も看護師の転職に特化した会社が存在しますので、このような会社を上手に利用することでデメリットを少しでも補えるでしょう。

また、転職の為に病院を現在の辞める際には、その旨を伝えるタイミングにも注意が必要で、1ヶ月か2ヶ月前にはそれを伝えるようにしてください。

【お互い気持ち良く退職するために必要なこと】

1つ目として挙げられるのは、引き継ぎの事等を考え、出来るだけ早めの段階で退職の意思を伝えることです。 また、退職を行う日も病院の忙しい時期と重ならない時期を選択することで、自分が業務に配置される事を防げるという意味では重要なポイントとなってきます。

2つ目は、後から退職日等に関してトラブルとなることを防ぐ為に、“退職願”として書面で残すということです。

3つ目は、自分が退職を願い出た時に想定されることをシミュレーションしておくということです。 例えば、上の人にきつい口調で怒られることもありますし、きつくはなくとも検討し直してほしい等と言われることもあるでしょう。

これらいずれの場合であっても、対処出来るようにしておかなければなりません。

4つ目は、“退職願”として書面をきちんと作成することです。 これは、「退職願」とする点がポイントであり、「退職届」とすると相手の事を考えず完全な自己都合での退職となってしまいます。

提出する相手はお世話になっている上司がベストかと思われます。 提出は正式に新しい病院の内定が出てから行うようにしてください。

【転職を後悔しないために必要なこと】

せっかくの転職を良いものとする為には、まずは自分がなぜ転職を希望しているのかを改めて考えることや自分が勤務する上で重視していることをはっきりとさせる事が重要です。

また、自分に合った病院を見つける為には一箇所だけではなく、複数の病院を訪問してしっかりと話し合いをし、後から食い違いが起きないようにしていきましょう。

【求人を探すなら看護師求人サイトが一番】

転職の際、求人を探す手段としてはハローワーク等、色々なものが考えられますが、やはり無料で利用出来る看護師求人サイトが一番かと思われます。

ただ、そのようなサイトは複数存在する為、どうしても良いところと悪いところの差が出てきてしまいますので、3つ以上の会社に登録をしておき、自分が本当に良いと思ったところで転職活動を行っていくという方法がベストです。

【終わりに】

冒頭でもお話した通り、転職というのは人生の上での重要なポイントとなりますので、看護師の転職に関するノウハウをしっかり身に付けた上で良い転職としていかなければなりません。

その為に今回はこのようなお話をさせて頂いたわけですが、少しはお役に立てたでしょうか? これを読まれている皆様の転職が成功することを祈っています。 最後までお読み頂き、ありがとうございました。

看護師の転職で大切なことは?

現在は高齢化社会、医療や介護が必要な人は増えていく一方です。この状況の中、需要が増加している職種のひとつが看護師です。 そのため、看護師の求人は数多くあります。一般の求人誌はもちろん、ハローワークや看護師求人サイトにもたくさんの求人情報が掲載されています。

ではこの数ある求人のなかから、自分にぴったりの勤務先を見つけるにはどうすればいいのでしょうか?

まず大切なことが、求人情報をよく確認することです。労働条件や勤務先の病床数、診療科、残業の程度や休日出勤の日数、給与や福利厚生など、さまざまな条件を確認しておくことが非常に重要です。分からない項目は入職する前段階で確認しておくことが大切です。

あらかじめどこの診療科で勤務するのか分かっている場合は教えてもらうようにしましょう。事前に勉強をし備えることができます。 また、転職前に勤務していた診療科を伝えておき、経験を考慮した診療科で勤められるように希望する方法もあります。

次に大切なことは、給料アップのことばかり考えないことです。 一般に給料の多い職場ほど忙しい場合が多いです。患者の急変が多く残業が多かったり、休日出勤の回数が多かったりします。また、忙しくて余裕がないため、職場環境も良くないことが多々あります。また、忙しい病棟ほど離職率が高くなる傾向にあります。

とくに家庭との両立をしたい看護師は、給料ばかりにとらわれず、自分のペースで働ける職場を選ぶといいでしょう。残業ができない、土日は働けないなど、事前に希望の勤務時間を伝えておくようすることが大切です。

看護師の転職の歳には、看護師専用の求人サイトを利用するのもひとつの方法です。 専門のコンサルタントが、希望の条件にそった勤務先を探してくれます。もちろん相談にも気軽にのってくれます。勤務先との間に入って給料交渉等も行ってくれたりもします。ほとんどのサイトが無料なので、登録だけでも行い、相談してみてもいいかもしれません。

↑ PAGE TOP